身長155センチ小太り体型の私が、妊娠中ほぼ太らなかった妊婦生活とは

スポンサーリンク
妊娠出産

 

女性として生きていると少なからず気になるのが、おのれの体重。

ましてや妊娠中となると、体重の増加は出産時の負担になったり、産後太りに影響したりなどさらに気になるものですよね。

 

筆者は身長155センチのわりと小さめ身長にも関わらず、

第1子産前は全国ぽっちゃり同盟に絶賛加入中の55キロという肉まん体型でした。

そんな万年夜間間食常習犯の私が、妊娠中にあまり太らなかった生活ポイントを紹介させていただきます。

あくまで一個人の食べ方なので、参考までにお目通しくださいね。

 

 

スポンサーリンク

はじめに…筆者も太った事実あり

まずはじめに、タイトルになぜ「ほぼ」とあるのか。

 

妊娠中、筆者も例にもれず太りました。

 

筆者は吐きはしないものの悪阻があり、妊娠初期はあまり食事を取る事ができませんでした。

旦那氏曰く、食べる姿は罰ゲームさながら。

 

それが安定期に入ると、すっと気持ち悪さが消えて食欲全開!

 

さらにスーパーに買い出しに行っては「今日も自分にご褒美だ」と、今や何のご褒美かまったく謎ですが、毎日ティラミスやらプリンやらアイスをご購入。

洋風スイーツの付け合わせには、しょっぱいポテチが必要ですねと、毎日のおやつには追いポテト。

極めつけは、深夜に小腹が減り、小さいカップケーキやバナナを貪りつく。

 

そして迎えた妊婦検診。

 

妊婦は太りやすいと聞いていたけど、前述のような食生活でも悪阻中の検診はまったく体重変化がなかったのをいい事にしていたが、

悪阻明けの検診では、見事に1ヶ月で3キロ増量。

 

元々のスタートが55キロなので、1ヶ月でまさかの58キロ。

人生マックス値を叩き出し、60キロも見えてきた数値を前に焦る私に、

産婦人科の先生が追い打ち。

このままのペースで行けば、産道に脂肪がつきすぎて帝王切開もありえるからねえ。

 

帝  王  切  開 

 

何ですとーーー!!!

これを機に恐怖におののいた私は、徹底的に食事コントロール&運動をはじめたのでありました。

 

結果、出産時は太った分の3キロ+赤ちゃん・羊水の分だけでの増加体重を終えました。

出産後の体重は見事に赤ちゃん・羊水の分を引いた58キロに戻ってました。

太った分の脂肪3キロだけがちゃっかり残ったわけですね。

 

 

ポイント1 おやつは和菓子オンリー200kcalまで

脱デブ妊婦のためにまっさきにメスを入れたのが、おやつの食べ方です。

筆者が太った原因の栄えある第一位はどう考えても間食のしすぎ。

 

そこでおやつはいかなる時も和菓子のみに徹底しました。

 

毎日のように食べていたケーキ、アイスなどの洋菓子は脂肪分が多いため、妊婦さん向きではありません。

 

その点、和菓子は逆に脂肪分が少なくカロリーが低めのなのがすばらしい!

 

ただ糖分はしっかりとあるので、1日におやつとして摂っていいカロリーを、

成人の場合好ましいと言われる200kcalまでにおさえました。

 

と言いつつ面倒くさがりの私はいちいちカロリー計算なんか気にしてられるか!

お菓子の袋に記載のある表示をみてざっくり計算で食べておりました。

 

よくお世話になったのが、スーパーで売られている小振りな大福や最中の詰め合わせ。

おばあちゃんちに置いてありそうなやつ。あれを1日1~2個におさめてました。

間食大好きマンの筆者にとってはこれは一番きつかった…!甘いもん食べたいやんー

はい。デブにはひもじいのですがしかたない。

 

 

ポイント2 高タンパク低カロリー

いくら太っているからと言って過度なダイエットは妊婦さんにはNGです。

かと言ってハードな運動を出来る訳でもないので、栄養価がありバランスの良い食生活を心がけました。

日頃から朝は牛乳・サラダ・ヨーグルトをパン・スープやご飯・みそ汁と一緒に摂るようにしたり、3度の食事は野菜をしっかり入れることを心がけてましたが、もう少しカロリーコントロールするにはどうしたらいいか考えてみました。

筆者の性格上、あれもこれもと一気に改善することはできないのでひとつだけやってみたこと。

 

それは高タンパク低カロリーのお肉であるささみを積極的に食事に取り入れました。

タンパク質は胎児にとって大切な栄養源のひとつでもあります。

 

ただささみばかりを食べると偏った食生活になるので、週2~3食にささみを取り入れるように意識しました。

物足りない場合は納豆を一緒に食べたりしていました。筆者は毎日物足りなかったので、毎日納豆追加です笑。

 

 

ポイント3 適度な運動

妊婦に運動ってわかってはいるけど、過酷ですよね。

 

たくさん歩いた方が安産になる。スクワットをして安産を促す。

 

その信憑性は謎ですが、我が産婦人科の先生も毎日歩くように毎回の検診のたびに言われました。

初産にして出産時間4時間半、出血量1カップをたたき出した筆者が行っていた運動は、

・毎日1時間ウォーキング

・腰上げ体操

・前屈体操

・スクワット10回程

そこまでたいそうな運動量ではないので、これが体重増加を食い止めるポイントになってくれたのか、安産を導いたのかはわからないのですが、やらないよりはやった方が良いのは確かでしょう。

 

S属性の我がお医者様は

「もっと歩かないとねー。1日3時間だねーー。

と、こちらの頑張りを褒めてほしいのに、ばっさりと切り捨ててくるわけですが笑。

 

人によっては切迫早産などもありえるので、運動はご自身の体調とよく相談して、取り入れてください。

 

 

まとめ

筆者の場合は上記の方法で体重コントロールをしましたが、私は思います。

方法は何でも良いのです。

 

妊婦さんの体調は100人いたら100人とも違うと思います。

自分の体調に一番合った方法を取り入れてください。

 

そして、一番大切な事。それは、出産の日まで続けること。

 

筆者は出産前日まで続けていました。

しんどくなったら、飽きてきたら、1日2日くらいはお休みしたっていいのです。

どんな方法でも、途中でやめてしまったら効果はありません。

張り切りすぎなくても大丈夫。

その代わりやめないこと。続けることが大事です。

太らないようにする最大のポイントは、ずばり意思力!

根性論で締めくくられましたが、あながち間違ってはいないとわりと怠けがちの私は思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました