保育士試験実技の造形でわたしが使った色鉛筆2種

スポンサーリンク
保育士試験

保育士試験実技の造形では色鉛筆の使用は12~24色程度とあります。

 


めっちゃざっくりしている・・・


色鉛筆っていろんなのがあるけど、どれがいいんだろう

実際に造形の実技試験で使った色鉛筆とその選び方をご紹介します。

この記事でわかること

・保育士試験実技の造形で実際に使った色鉛筆

・色鉛筆を選んだ基準

・絵を描くのに使った色鉛筆の色

 

スポンサーリンク

造形の実技試験で使った色鉛筆

●ステッドラー水彩色鉛筆24色

ステッドラーの水彩色鉛筆24色セットをメインで使いました。

 

1318-157SB24 ステッドラーエルゴソフト色鉛筆

造形の試験を受けた人のブログを読んでいると使った色鉛筆としてだいたい3種類のメーカーがあがってきます。

・ステッドラー


・ファーバーカステル

・トンボ

この発色のちがいで絵全体の雰囲気が変わってきます。

正直どれを選んだら合格でどれを選んだら不合格というのはないですが、少しでも絵を良く見せたいのでベストな色鉛筆を選びたいですよね。

 

わたしがステッドラーを選んだ理由は3つあります。

1.発色がよい

上記3種のメーカーの中で一番発色が良かったように感じました。

保育士試験ですから、問題文には書いてないこそ子ども向けの絵・子どもが見て楽しい絵であることは大切だと思います。

子どもははっきりとした色合いのほうが見やすい・わかりやすいので、発色がよいものというのとでステッドラーを選びました。

本番で使われるケント紙との相性もよく、鮮やかにみせてくれます。

 

2.面が塗りやすい

本番では45分以内に19センチ×19センチの枠内を余白なく全部塗りつぶさなければなりません。

構図・線画が出来上がってからの塗り作業なので、実質20分くらいで塗り上げます。

これがまあ時間のないこと!

ステッドラーの水彩色鉛筆の特徴は軸棒が三角形であることです。

そのため芯も三角形に近い形で一般的な色鉛筆より芯の面が広いです。

そのためさささっと塗ることができます。

発色もよいので色付けが他の色鉛筆よりいくぶん楽。

 

3.転がらない

先述したとおり、ステッドラーの色鉛筆は軸棒が三角形です。

そのため机の上をころころ転がることがありません。

実技試験は問題用紙、解答用紙、受験票を机の上に置いて、さらに色鉛筆も出すのでとにかく机がきゅうくつです。

時間のない中置いた色鉛筆がころころ転がるようなら気が散りますね。

さらにステッドラーはケースが立つのでそのまま机に置いて使いました。

 

保育士試験実技造形練習

↑ケント紙にステッドラーで描いた絵です。身体測定のシーンを想定。撮影環境がよくないので発色の良さが伝わりづらいですが、パキっとして明るい印象の色味が出せます。

 

●ファーバーカステル水彩色鉛筆

サブの色鉛筆としてファーバーカステルの水彩色鉛筆を数色持って行きました。

 

 

すでにステッドラー水彩色鉛筆で24色も持っていたのですが、微妙な色の違いを出したくてもともと持ってたファーバーカステルの色鉛筆をプラスしました。

微妙な色の違いというのは、たとえば赤色は口の中・ほっぺの赤み・園児の服などに使ったのですが全部同じ赤色だと少し変化がほしいなと思いました。

ステッドラー色鉛筆をプラスした色は以下の通りです。

・赤色(人の頬用)


・茶色

・緑色(木々などの厚塗り用)

 

正直あったところで大幅な点数アップにはならないと思いますが、造形を選んでおきながらお絵かき・色塗りは素人同然なので、少しでも絵の印象が変わるのはプラスだと思います。

 

使った色鉛筆の色

実技試験はとにかく時間がかつかつです。色を塗る時時間のない中で「どの色にしよう」と迷っているひまはありません。

あらかじめ線にはこの色を使う、子どもの服にはこの色を使うというように、使用する色を決めておきました。

・線画=濃い茶色

・人物の表情=黒

・園庭の土=黄土色

・園庭のフェンス=深緑

・保育室の壁=黄色

・幼児の髪色=茶色

・保育士の髪色=こげ茶

・保育士のエプロン=ピンク  etc

保育士試験造形練習

↑保育室を想定した色使いの練習絵。左下の不自然な動物は、保育室の壁面にかざる園児の絵の仮イラストです・・・。

保育士試験実技造形練習

↑園庭のラフ。使う色を決めておくと描くスピードがあがります。

 

まとめ

色鉛筆のセット売りはなかなかお値段がするので買うときは迷いますよね。

迷った場合は色鉛筆の1本売りもしているので、同じ色を買って書き比べてみるのもよいかもしれません。

ネット上に比較写真はありますが、撮影時の環境やカメラの性能などで肉眼で見るのとは少しちがう印象をもつ場合もあります。

さいごになりましたが、本記事では水彩色鉛筆を紹介してますが、試験本番では水を使うことはできませんのでご注意ください。

(保育士試験要項にも注意書きあり)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました