5つのステップで我が子が断乳成功した方法。

スポンサーリンク
子育て

1歳が近づいてきたら断乳や卒乳を考える方が多いと思います。

順調に離乳食が進んでいる場合は自然と卒乳するゴールが見えやすいですが、離乳食の進みがゆっくりだけど月齢ばかりが上がっていくとちょっと焦りますよね。

母乳の栄養はなくなってくるというし、でもご飯はあんまり食べないし、おっぱいばかりで大丈夫なのか・・・!?

私の息子氏は典型的な超おっぱい星人。おっぱい大好きすぎて、離乳食は生後10ヶ月頃までスプーン5さじ食べるのもやっと!(なぜか保育園では昼食を食べるが、家では目の前におっぱいがあるせいかで食べない)

 

そんな彼ですが1歳の日に断乳できました。

 

きっかけは第2子妊娠判明。

文章にすると簡単にできたように見えるのですが、かれこれ苦節1カ月

 

我が子の断乳方法は5つのステップを踏んで成功しました。

毎日断乳トレーニングで泣き暴れる赤ちゃんと闘うのは体力的にも精神的にも大変なので、疲れた時は無理にせずマイペースに進めていきました。

 

この記事でわかること
・5段階別 断乳の方法とその軌跡

・完全実体験の断乳の工夫

 

お昼のおっぱいは保育園に通い始めたこともあって、すぐやめれたよ

大変だったのは寝かし付け前と夜間の断乳。
これさえ出来れば断乳成功でしたが、これがめちゃくちゃ苦労しました・・・!

スポンサーリンク

STEP1 完母から混合にした

POINT
1・哺乳瓶に慣れさせることで徐々に乳離れをさせる

2・母乳の分泌量を徐々に減らす(突然卒乳すると乳腺炎になったりするので少しづつ減らしたほうがベター)

 

完母の場合だととりわけ断乳が難しい場合もあります。母乳しか飲んでいないとおっぱいへの依存度が高いケースがあるので、自然とおっぱいをやめる卒乳と違って、ママの意思でおっぱいをやめる断乳となるといきなりおっぱい断ちをするのはなかなか難しいと思います。

息子の断乳成功は、保育園に通うことで強制的に混合になったことが成功のひとつ!

離乳食ほぼ食べなかったし、哺乳瓶なれしてなかったら、おっぱいから離れられなかったよー

息子氏は生まれた時は混合で生後3ヶ月頃から完母になったのですが、生後6ヶ月目で保育園デビューをして哺乳瓶生活がまた復活しました。

はじめの頃はまさかの哺乳瓶拒否!家ではひたすら泣きわめきおっぱいが出るまでかたくなに哺乳瓶拒否でした。

それでも保育園では絶対におっぱいは出てこないことを悟ったようで、哺乳瓶で飲み始めました。

保育園で飲み始めても自宅ではしばらくは私からの哺乳瓶は拒否でした。

 

パパやバアバがいる時は代わりにあげてもらって自宅での哺乳瓶生活に慣れてもらい、そしていつの間にか、私からの哺乳瓶でも飲めるようになりました。生後7ヶ月の頃でした。

これでなんとか日中の卒乳ができました。

 

おっぱい好きな赤ちゃんの場合はいきなり断乳は難しいと思うので、早いうちから哺乳瓶に慣らしておき、少しづつぱいから切り離していくのがよいでしょう。

★断乳したいなと考える時期から逆算して1ヶ月前からゆっくりスタートしてみましょう。

でもそれだと母乳の栄養が…、と思う方もいると思います。母乳最強伝説信者ではありませんが、私もちょっと気になった点です。

 

しかし、最近の粉ミルクは栄養面が母乳とほぼ同じくらいに開発されています。

病気の免疫うんぬんの点については、自分の体験談ではあるのですが、私自身が混合で育ったということ笑。その私自身がどうかというと、赤ちゃんの頃から病気をしたことがなく、大人になってからも頑丈そのもの。入院歴は出産の時のみ。

息子の産後にはじめて自分自身が混合で育ったと聞かされて、粉ミルク育児への一抹の不安が消え去りました。

 

STEP2 寝る前の添い乳をやめた

寝る前はかならず添い乳!

おっぱい吸ったらすぐ寝てくれるので、乳に頼り切ってました…。

息子はおっぱいを吸ったらそのままこてっと眠るので、寝る前は必ず添い乳でした。

とにかく寝かし付けが大変だったのですが、添い乳に変えてからすぐ寝てくれるようになったからです。

でもだからこそ夜中に眠りが浅くなった時に「あったはずのパイがないやないかい!」と感じて夜中に何度も起きるのでは、と色んな育児サイトでうたわれていたので、寝る前のおっぱいをやめて違う入眠儀式に切り替えを試みました。生後10ヶ月の頃からです。

 

ただこれが最大の難所です。

 

息子氏の場合、日中はおっぱいを卒業して哺乳瓶に移行が出来たので、この寝る前のおっぱいが最後のおっぱいとして残ったので泣きわめくは暴れるはで本当に大変でした。

 

ちなみにこの段階ではまだ第2子妊娠判明はしておりませんでした。1歳が近づいているのでぼんやりと卒乳を考えており、少しづつ乳離れできれば…と思って取り組み始めました。

 

なんとかして添い乳&夜間断乳するためのステップは次の通りです。

 

STEP3 闘って無理な場合は諦めた

今日からおっぱいは卒業でーすといっても、すぐにできる訳はなく、泣くわ暴れるわでそれはもう大変でした。(「ああああああああああ!!!」と顔を真っ赤にして泣いてハイハイダッシュでそこらじゅう徘徊しまくる。)

こんなに嫌がって泣いてるのに無理にやらせる必要あるのか?と疑問に感じて、泣き喚く息子に根負けして5分で断乳トレーニング諦めたり、はたまた、「ここで根負けしておっぱいあげたらまたふりだしやで!今日はオカンは負けへんぞー!」と泣こうが暴れようが心を鬼にして格闘すること1時間半で結果惨敗に終わったり

泣かせるネントレ・泣かせないネントレなどもネットの情報を漁ったりしましたが、正直どれもピンときませんでした。

子育ては参考書通りに行かないというし、ここは頑固な息子氏のペースに合わせるのが一番、と思い、泣き喚く息子の相手をする時間は15分と決めて、それ以上泣く場合はパイをあげることに決めました。

 

・生後10ヶ月から2ヶ月間、赤ちゃんのペースで断乳トレーニング。

・赤ちゃん自身に負担になりすぎないよう、しんどい時は思い切ってトレーニング中断。

・私の場合は、断乳を試みて15分以上赤ちゃんが泣くなら、すぱっと中断しました。

 

ちなみに我が家はワンオペゆえ、「パパが寝かし付け。ママは別室で赤ちゃんがどんなに泣こうが引きこもり大作戦!」は出来ませんでした。。。

旦那がいる日に試してみてもよかったのですが、毎日の寝かし付けは結局わたし自身なので、その場しのぎになってしまうかなと思い取り組みませんでした。

根本的解決のためにおのれ自身ががんばるのみ!

 

STEP4 おっぱい以外の水分を与える

泣きわめく赤ちゃんとたたかう制限時間を決めたのはいいのですが、負ける度に添い乳していたのでは成長がないので、おっぱいの代わりにお茶を与えてみることもやってみました。

チャレンジ1 哺乳瓶に入れたお茶

もちろんすんなり受け入れず。ミルクが出てくるはずの哺乳瓶からお茶が出たことにより余計に怒ったような気がします…。
チャレンジ2 ストローマグでお茶

すぐに状況は変わりませんでしたが、ある日夜中に泣いて起きたと思ったら、すごい勢いでお茶を飲み干しました。
そこから夜間ストローマグ水分補給が徐々に定着していき、夜間授乳の回数が減りました。

 

生後11ヶ月の頃からやっとの出来事でした…。

あまり食べなかった離乳食をよく食べ出した時期でもあったので、おなかいっぱいで夜間授乳の回数も減って、麦茶で満足するようになったのかも・・・!?

STEP5 泣きわめく赤ちゃんをあえて放置

ある日の夜、断乳に向けておっぱい封印でいつもと同じようにパイがないことへの絶望で泣き叫ぶ息子と根くらべしていた時、

もぉぉおお疲れたああああーー!くそーー!やってられるかーーー!

毎日毎日どちゃくそ泣きわめくやーーん!ポンポンなだめるのもつかれた!ハイハイで這いずり回る息子を布団に連れ戻すのもつかれたくそーーー!!!

 

ブチギレ。

布団の横にあるベッドに逃避して、息子放置でふて寝をしてしまいました。

 

すると15分くらいでしょうか。

それまでずっと泣きわめいてた息子が指を吸ってすーすーとひとりで寝たのではありませんか!

 

泣きながら指吸ってかわいそう、、とはじめは思ったのですが、

私が離れることで本当にパイは待っても来ないと悟った息子氏は、おっぱい無しで気づくとひとりで寝るようになりました。

 

祝・卒乳の瞬間でした…!涙

 

余談
 
その代わりこの日を境に入眠儀式は指吸いと化した息子。
もともと指吸いが多かったので、この後指吸い卒業に苦労するのでした…。
それでも、歯並びに影響が出る前にすぱっと指吸い卒業できたので、一件落着です。
 

 

まとめ

お昼間の断乳は何とかなる場合は多いのかなと思います。

おっぱいの代わりに哺乳瓶でミルクをあげれますし、他に気をそらせる要素がたくさんあるので日中断乳はわりと楽でした。

(反面、岩みたいにかっちかちに固まる我が乳との闘いがありますが泣)

 

問題は夜間断乳です。これが出来れば祝・卒乳という方も多いと思います。

 

先述した通り、まずは「母子ともに無理をしないこと」が大事です。

頑張りすぎてはママも疲れるし赤ちゃんもストレスになってしまうでしょう。

 

断乳卒乳したい時期から逆算して早くからすこーーーしづつ断乳卒乳に向けてステップを踏んでいくのが一番だと思います。また試行錯誤もとても大事です。

 

我が子のタイプに合わせて色々トライして長い目で見ながら断乳がんばりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました